LLC(合同会社)・LLP
合同会社
LLC(合同会社) LLP申し込み
LLC(合同会社)・LLPの費用
超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP
LLC(合同会社)・LLPを徹底比較
LLC(合同会社)・LLPのメリット
パススルー課税とは
LLC(合同会社)・LLPのお申し込みから完了まで
解決LLC(合同会社)・LLP FAQ
自分ですぐ出来る、会社設立システム!株式会社設立総額206,300円・合同会社(LLC)設立総額64,300円! ミャンマー・ヤンゴン観光&ビジネス視察ツアー ブリリアントスカイ
ホームページ作成会社が格安で提供します。
会社設立

キャンペーンの選択は任意です。

全額カード払い可能 全額後払い可能
月にお一人様 設立手数料 無料 レビューを書いて1,000円割引キャンペーン



オプションプランでキャッシュバック

設立完了から1ヶ月以内のご契約で

  • 日本全国600事務所以上の税理士・会計士と提携 どの事務所を選んでもキャッシュバック\30,000
  • 税務割 トップレベルの税理士が節税対策 キャッシュバック\30,000
  • 助成金割 助成金診断無料 キャッシュバック\10,000
  • 融資サポート割 日本政策金融公庫融資サポート キャッシュバック\5,000
  • 社会保険・労働保険割 キャッシュバック\2,000
  • ロゴ割 御社の顔になる働くロゴをご提案します キャッシュバック\3,000
  • ホームページ割 会社の信頼になるホームページがあります キャッシュバック\3,000
  • 電話回線割 弊社電話回線サービスを会社設立と同時にお申し込み頂くとキャッシュバック\10,000
  • 例えば、メールコンサルティングプランでオプションを選択した場合、会社設立費用がたったの\159,300

自動お見積もりシステム
会社設立コースを選択して下さい オプションを選択して下さい
お見積もり
会社設立 申し込み リンク1
▲トップにもどる   
 LLP/LLC・株式会社・NPO法人設立に必要な費用総額 (単位:円 消費税込)
プラン (報酬) 登記費用 定款認証
手数料
定款印紙 合計費用 実費
合同会社
新★会社設立くん

システム利用料
2,300円

定款認証手数料
2,000円

60,000円 0円 0円
電子認証
64,300円 0円
合同会社
設立代行パーフェクト
メールコンサルティング
6,300円 60,000円 0円 0円
電子認証
66,300円 0円
合同会社
面談コンサルティング
6,300円 60,000円 0円 0円
電子認証
66,300円 0円
合同会社
1日高速設立
14,300円 60,000円 0円 0円
電子認証
74,300円 0円
株式会社
新★会社設立くん
システム利用料
2,300円

定款認証手数料
4,000円
150,000円 50,000円 0円
電子認証
206,300円 定款謄本2,000円
株式会社
設立代行パーフェクト
メールコンサルティング
6,300円 150,000円 50,000円 0円
電子認証
206,300円 定款謄本2,000円
株式会社
面談コンサルティング
6,300円 150,000円 50,000円 0円
電子認証
206,300円 定款謄本2,000円
株式会社
設立代行
40DAYS スペシャル
41,500円 115,000円 0円 0円
電子認証
186,500円 官報掲載料
30,000円
株式会社
1日高速設立
14,300円 150,000円 50,000円 0円
電子認証
214,300円 定款謄本2,000円
NPO法人設立
書類作成
75,800円〜
89,800円
0円 0円 0円 75,800円 〜
89,800円 +
定款謄本代
0円 ×2通
郵便代
2000円
NPO法人設立
完全代行
105,800円〜
119, 800円
0円 0円 0円 105,800円〜
119,800円 +
定款謄本代
0円 ×2通
郵便代
2000円

LLP LLC

株式会社の場合は、経営の実権は、出資額が多い者にありますので、他人資本を受け入れた場合は、自分の意思のみで決定できないなど、何かと不自由な経営になる可能性があります。


▲トップにもどる   

4つのサービス 6つの特徴 弊社は、全てのプランに共通して、料金だけでなく、高品質できめ細かい会社設立のための4つのサービスを6つの特徴で提供しております。

4つのサービス
1

安心・丁寧なサポート

会社設立の知識がなくても完全無料サポートで会社設立を支援致します。
会社設立に豊富な経験を持つプロが安心・丁寧なサポートを行います。

2

会社設立の疑問は全てお答えします。

自分で調べるなどのエネルギー一切不要です。
会社設立はプロに任せて、本業ビジネスに優先して取り組んで頂けます。

3

手間はかかりません。

煩わしい定款、登記申請書類作成不要です。
書類に印鑑を捺印して頂くだけで他には手間がかかりません。

4

登記申請を代行いたします。

定款、登記申請書類など登記に必要な準備ができたら、弊社で登記申請致します。

6つの特徴 「高品質」「安心」「丁寧」「親切」「完全お任せで手間不要」「サポート無料」
▲トップにもどる   

合同会社が今の時代に必要な理由

苦戦「円高」「モノ余り」かつて、日本の製造業はモノづくりの優秀さで世界市場を制覇しました。しかし、現在は、どうなっているでしょうか?日本の製造業は、円高で苦しみ、そしてモノ不足時代では、壊れにくい製品を作っていれば売上げを伸ばすことができましたが、モノ余りの今の時代では、日本の得意とする大量生産の壊れにくいという製品では売れずに苦戦しています。

代わってヒット商品を出しているのは、使いやすいデザインや機能などハードの優秀さよりも独創的で使いやすいソフト的な価値ある商品を作っている「アップル」のようなメーカーです。日本の製造業が得意としていた時代は、大量生産のための大規模な工場などハード重視の時代でした。しかし、今の時代は、ソフト的な価値を活かした製品やサービスを提供する仕組みが求められています。

そして。これは製造業だけの問題ではなく、経営もまた同様に、単に経営を行うための仕組み(ハード)をいくらしっかり作っても競争に勝てない時代になっています。つまり、株式会社の形態は、組織の形態が細かく決められていて、ハード型の経営運営に向いていいます。

一方、合同会社は、ハードで会社を動かすのではなく、人が持っている知識、技術、ノウハウ、およびアイデアを十二分に活かすことができる会社形態です。例えば、資金はないが優れた事業アイデアをもったAさんと、資金はあるが事業アイデアのないBさんが、出資比率は、1対9であっても利益の配分は、5対5に決めることができるなど、合同会社では、株式会社では不可能な組織と運営が可能です。

このように人を活かす経営、あるいはスピードを活かす経営ができるので


今の時代にあった経営が行いやすいのが合同会社です。

▲トップにもどる   

株式会社にはない多くのメリットがあります

信用度

設立費用が安く、社会的な信用度あり

合同会社のメリットとしてまず挙げられるのは、株式会社と比較して設立費用が格段に安いことです
株式会社設立には、定款認証費や登録免許税その他の費用で、20万円ほどかかりますが、合同会社の場合は、定款認証の必要が無く、登録免許税も6万円とかなり低く抑えられ、設立費用は10万円程度に収まります。
また、合同会社も株式会社同様に、法律の定めに従って設立された「法人格」を有する事業体なので、様々なビジネスシーンにおいて、個人事業よりも高い信用力を取引相手に与えます。
更に、合同会社には、これまで株式会社のみに認められていた社債の発行が認められるので、金融機関からの借り入れだけでなく、社債による直接金融が行える点も、合同会社の大きなメリットです。

自由度

経営の意思決定・利益配分の自由度が高い

株式会社の場合は、株主の持ち株数に比例して利益配当を受ける決まりになっていますが、合同会社の場合は、定款に規定することで、出資比率に関わらず社員間の自由意思で利益配分を決定することができます。
また、株式会社では、所有(出資者=株主)と経営の分離が原則ですが、合同会社は、比較的小さな会社組織を想定し、出資者である所有者と経営者が同一の立場あることが前提で、株主総会の開催も無いので、定款自治の原則の利点を最大限享受できる会社組織と言えます。
これにより、経営方針を社員間で自由に、迅速に決定することができ経営効率が高まります。

制限

役員の任期に制限が無く決算公告義務もない

株式会社における取締役の任期は原則2年、定款に定めても最大10年までです。この結果、役員変更登記手続きをそのたびごとに行う必要があり、手間とお金がかかります。
この点、合同会社では、役員任期を定める必要が無く、面倒な変更登記手続きやその費用が発生しません。
また、決算内容を公告する必要もないので、周囲に惑わされずに、腰を据えた事業展開を行えることも、合同会社の大きなメリットです。

▲トップにもどる   

デメリットを理解して、メリットを活かす 合同会社のデメリット

知名度

合同会社の知名度が低い

西友、アップルジャパン、P&Gマックスファクターなどの大手有名企業も合同会社に変更したり、最初から合同会社で設立する会社が増加したりしてきているので、これからは知名度が上がっていくと思われますが、現時点では知名度が低く、新規取引などにあたって信用・信頼度が低いとみなされることがあります。

混乱

経営の対立が生じたときの混乱度が大きい

合同会社では、意思決定は出資者の全員の同意が必要なため、経営についての意見の対立が生じると、いつまでも合意できずに混乱が長期化する可能性があります。株式会社では、出資者の出資額に応じた議決権によって意思決定が行うことができます。なお、出資者が1名の場合はこの問題は生じません。

困難

資金調達、増資が困難

株式発行による増資ができません。原則、出資者は業務執行を行なう必要があるので、広く出資を募ることができません。

権利譲渡、事業承継が難しい

出資者が合同会社の出資者の地位を子供あるいは第三者に譲渡したい場合、原則として、他の出資者の全員の同意が必要となり、自由にできません。株式会社では、原則、自由にできます。

▲トップにもどる   

合同会社(LLC)の電子定款

電子定款最大のメリット 4万円の印紙代不要

合同会社を設立するには、必ず定款を作成しなければなりません。そして、今までは定款は、必ず書面で作成しなければなりませんでした。せっかくワープロで電子データとして作成しても、紙に印刷しなければなりませんでした。そして、定款は印紙税が課税される書類のため4万円の印紙が必要でした。しかし、書面でしか作成できなかった定款が、2007年4月から、電子データによる電子定款が全国で利用できるようになり、印紙代4万円が不要になりました。

4万円全額本当に節約できるの?

ワープロなどで作る電子データで良いなら、自分でも電子定款を作成できるので、4万円が全て節約できると多くの人が思うのではないでしょうか。しかし、どんなワープロソフトでも良い訳でなく作成するソフトが指定されており、そのソフトは無料で入手できません。購入価格は約35,000円です。
このソフトが、汎用性が高くいろいろ利用できるなら、購入しても無駄になりませんが、一般の会社では、ほとんど利用することがありません。

さらに、このソフト以外にも、電子定款で、会社設立登記を行うためには、数千円する「ICカードリーダライタ」と呼ばれる機器が必要になります。その他にも、購入したソフトに法務省のホームページからダウンロードした無料のソフトを付け加えて利用する等の面倒な作業が伴います。

電子定款は専門家に依頼するのがベスト

電子定款を自分で行うには、ほとんど利用できないソフトや機器を購入して、さらに面倒な作業も伴うことから、自分で行って4万円を節約しても、ほぼ同額の費用と手間が発生します。そのため、専門家に依頼すると印紙代4万円よりもはるかに低価格で作成して貰えます。

▲トップにもどる   

現物出資にも対応!

資本金の最低額は1円からでも良いけど…

新会社法の施行により株式会社設立の際の資本金の最低額は1円からでも良いことになりましたが、これにより起業時の資本金額の大きさが軽く見られるようになった訳ではありません。資本金の額が小さければ、創業時に調達可能な融資金額も少なくなり、取引先の印象も芳しくないものとなってしまいます。


現物出資出来る財産現実問題として、資本金を現金で調達することは重要ですが、十分な現金が手元にないことも考えられます。そこで、法律はこのような創業者のために、資本金を有形、無形の物や財産の形で繰り入れることのできる制度を設けています。これが現物出資です。この方法を活用すれば、資本の額を大きくすることが可能になります。融資を受ける際に資本金は自己資金とされます。

例えば、日本政策金融金庫の新創業者融資制度を利用する場合、融資可能な額は、自己資金の2倍までとなっているので、自己資金である資本金が多いほど借り入れ可能な融資額も増えることになり、安定した創業時の資金補給を可能にします。

現物出資出来る財産としては、土地・建物等の不動産、自動車、パソコン、什器、有価証券、また、特許権やソフトウエア等の知的財産権も含まれます。現物出資の際には、裁判所が選任した検査官の評価調査が原則でしたが、この要件が緩和され、現物出資額が500万円以下の場合は不要です。


また、500万円を超える場合でも、公認会計士や税理士、不動産鑑定士(不動産について)、弁護士等の財産評価書があれば検査官の調査は要りません。現物出資は、所持する財産(宝)を資本金として活用する、「宝」を持ち腐れにしない制度と言えます。

新★会社設立.JPは、創業時の現金は十分とはいえないが、無形有形の財産を現物出資とし、資本金として活用するためのノウハウを備える会社設立代行ネットワークです。
500万円以下の現物出資はもちろん、500万円を超える現物出資に関しても、豊富な経験と確かな知識を持って、個々の事情や業態等の幅広い観点から、現物出資に関する有効なアドバイスが可能です。

▲トップにもどる   

LLC設立までの流れ

LLC設立までの流れの概要は以下の通りです。

1

LLC設立の基本事項の検討

LLCを含む会社設立に最も重要な事項は、基本事項の決定です。
基本事項とは、会社名(商号)の決定、本店の所在地決定、事業目的の決定、資本金額の決定、社員(LLCでは出資者)の決定、業務執行役員と代表社員の選出です。
LLCは、所有と経営が一致した会社形態なので、出資者全員が業務執行権限を持つことができますが、出資者の中から役員選出することもできます。

2

商号調査と許認可業種か否かの調査

現在の会社法では、類似商号規制は撤廃されましたが、類似若しくは同一の商号では、差し止め請求や、場合によれば、損害賠償請求される可能性もあるので、法務局で類似した商号の有無を確認して下さい。また、業種によっては、役所の許認可が必要な場合があるので、LLC設立の手続きの中で、必ず許認可が必要か否かを確認しておく必要があります。

3

定款の作成

定款は、会社を運営する際の根本規定です。定款には、必ず記載しなければならない「絶対的記載事項」、記載義務はありませんが、記載されていなければ、法的効果が認められない「相対的記載事項」、記載しておくとで会社運営を円滑にする「任意的記載事項」があります。

4

出資金の払い込み

出資者は定款の定めに従って、出資金を払い込みます。この証明には、「払い込みがあったことを証する書面」に「金融機関の通帳の写し」を合綴したものを使用します。

5

設立登記の申請書類の作成

書類の内訳は、@設立登記申請書、AOCR用紙、B会社の代表印、C会社代表印の印鑑カード申請書です。

6

会社登記の申請

会社の定款を作成し、申請書類等の準備が完了すれば、法務局に会社設立登記申請を行います。これを申請した日が、会社設立日になります。
尚、会社設立登記申請は、司法書士等を代理人にすることができ、この場合は、委任状が必要です。

7

各関連官公署への届け出提出

登記手続きが完了すれば、市町村役場、税務署や労働基準監督署、社会保険事務所、公共職業安定所等の各種役所に届出を行います。

▲トップにもどる   

LLP設立までの流れ

LLP設立までの流れの概要は以下の通りです。

1

組織の概要・基本事項の決定

  • LLPは、1人では設立できないのでパートナーを決めます。
  • 事業目的と商号を検討し、案を作ります。
  • その他に検討すべきこととして、本店の所在地、出資金額、業務執行社員などがあります。
2

法務局で商号調査と事業目的の確認と決定

  • 同一商号、類似商号がないか法務局で調査、商号を決定します。
  • 事業目的の文言が問題ないかを法務局で見て貰います。
3

印鑑作成

  • 印鑑は、通常、代表組合員の印、銀行届出印、角印の3種類を作ります。
4

組合契約書の作成

  • LLP設立登記に必要な書類の組合契約書を作成します。組合合契約書は株式会社や合同会社の定款に相当します。
  • 組合契約書には、必ず記載しなければならない絶対的記載事項が法律で定められています。事業目的、商号(LLP名称)、所在地、組合員の氏名または名称及び住所、組合契約の効力発生年月日、存続期間、組合員の出資目的とその価格、事業年度などです。
5

金融機関へ出資金の払込み

  • 組合員1人の銀行口座に出資金を振り込みます。振込後、通帳の必要な個所のコピーを取り、登記申請に必要な出資金の「払込証明書」を作成します。
  • 現物出資の場合、財産引継書を作成します。
6

登記に必要な書類の準備・作成

  • LLC設立登記に必要な書類の登記申請書、組合契約書、出資金の払込証明書(現物出資の場合、財産引継書)、(法人が組合員の場合、登記事項証明書など)、組合員全員の印鑑証明書を用意します。
7

法務局へ登記申請

  • LLPの所在地を管轄する法務局に、必要書類を整え登記の申請をします。
▲トップにもどる   
会社設立 申し込み リンク1
▲トップにもどる   
▲トップにもどる

[ LLP LLC(合同会社) ] | 超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP | お申し込みから完了まで |  解決LLC(合同会社)・LLP FAQ |
| 合同会社(LLC)/LLPとは? | 合同会社(LLC)/LLPを徹底比較 |  合同会社(LLC)/LLPのメリット |  パススルー課税とは |
| プライバシーポリシー | ご利用環境 | 利用規約 | 特定商取引 | 会社概要 | 
lllllllllll ©  WOOROM All Rights Reserved LLP LLC