LLC(合同会社)・LLP
合同会社
LLP LLCお申し込み
LLC(合同会社)・LLPの費用
超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP
LLC(合同会社)・LLPを徹底比較
LLC(合同会社)・LLPのメリット
パススルー課税とは
LLC(合同会社)・LLPのお申し込みから完了まで
解決LLC(合同会社)・LLP FAQ
自分ですぐ出来る、会社設立システム!株式会社設立総額203,560円・合同会社(LLC)設立総額63,560円! 助成金支援協会 ミャンマー・ヤンゴン観光&ビジネス視察ツアー ブリリアントスカイ
ホームページ作成会社が格安で提供します。
  <    <  合同会社の基礎

合同会社の基礎

合同会社の基礎

何かの事業をする時、自営業や株式会社、合資会社など様々な形態があり、その1つに合同会社があります。以前は一般的だった有限会社が設立出来なくなった代わりに、合同会社が注目されるようになりました。アメリカやヨーロッパでは一般的だった合同会社も、平成18年に日本のほうでも確立され、LLCの略称で呼ばれます。

 

 

 

合同会社と株式会社にはどういった違いがあるのでしょうか。1つは、利益分配や意思決定権が、株式会社よりも自由度が高いということです。株式会社は、出資額に合わせて利益分配の割合が決まり、出資額によって意思決定権が変わってくるのが一般的です。ですが、合同会社は出資額だけではなく、会社のためになる知恵やスキルなども考慮されます。

 

 

 
なので、出資額が少ない人でも
なので、出資額が少ない人でも、その会社にとって必要な知恵やスキルを持っていれば、その分利益分配や意思決定の割合なども変えられます。つまり、株式会社はお金が主とされ、合同会社は人が主とされる違いがあります。他にも、会社法の規則もそれほど厳しくなかったり、1人の有限責任者がいれば設立出来ること、設立費用も株式会社に比べて安いといった違いがあります。

 

 

 

また、合同会社の出資者は全員経営者になるため、会社に投資するだけじゃなく経営にも参加したい人には向いている形といえます。そして、株式会社の場合、取締役会や代表取締役などの機関を設置しないといけないという規則があります。それに対し、合同会社はそうした規則がないので、より柔軟性と自由度が高くなります。

 

 

 

株式会社ほどじゃなくても、個人事業より社会的信用の高い合同会社は、設立費用も株式会社より安く設立出来ます。1円から設立出来る株式会社でも、様々な経費を含めると30万円前後かかります。それに対し合同会社は、20万円前後で設立することが出来ます。

 

 

 

また、個人事業と同じく、途中で株式会社へ変更出来る柔軟さもあります。他にも、決算は行うが公告する義務がないこと、設立して最大2年間は、消費税の免税があるといったメリットもあります。

 

 

 

個人と法人の信用の違いは、企業との取引や資金調達といった場面で見受けられます。個人では対応しなくても法人なら対応する企業もあったり、セールスの場面でも企業名を出した方が、信頼性も高いでしょう。ただ、合同会社は設立まで1週間から3週間ほどかかります。それに対し、個人事業は費用もかからず届け出を出してすぐにスタートすることが出来ます。

 

 

 

責任の面でいえば、個人の場合は無限責任となります。なので、負債がどれだけあっても自分で責任を負う必要がありますが、合同会社の場合は有限責任なので、全て自分で責任を負う必要はありません。また、決算日にも違いがあり、個人事業の場合は忙しい年末、12月31日が決算日と決められています。ですが、合同会社の場合は自由に決算日を決められるので、忙しい時じゃくてもいいというメリットもあります。

 

 

 
給与の面では
給与の面では、合同会社は役員報酬として経費に計上出来るのに対し、個人事業はそれが出来ません。保険の面でも、個人事業だと国民健康保険になりますが、合同会社は事業所として加入出来ます。このように、それぞれ特徴やメリットデメリットがありますが、合同会社は柔軟性がありながら信頼性もあるので、自由に経営をしたい人たちに向いています。

 

 

 

株式会社の場合は、出資者と経営者が違う立場なので、それぞれ役割や精神的な負担が違います。ですが、合同会社の場合はみんなが経営する立場です。なので、代表の負担ばかりが増えて、出資者の不安ばかりが増えるといったことはないでしょう。また、合同会社はお金だけではなく人の知恵やスキルも考慮されます。なので、それぞれの人が持っている知恵、スキル、才能などで周りに貢献したいという人にとっては最適な形といえます。

 

 

 

合同会社の他に、合資会社と合名会社がありますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。合資会社は、有限責任社員と無限責任社員によって成り立ちます。合名会社は、会社の債務者に加え、連帯責任を負う無限責任社員によって成り立ちます。無限責任社員とは、会社の債務を会社だけで返済出来ない場合、個人の財産も返済にあてないといけない社員のことをいいます。

 

 

 

 

何かの事業をする時、自営業や株式会社、合資会社など様々な形態があり、その1つに合同会社があります。以前は一般的だった有限会社が設立出来なくなった代わりに、合同会社が注目されるようになりました。アメリカやヨーロッパでは一般的だった合同会社も、平成18年に日本のほうでも確立され、LLCの略称で呼ばれます。

 

 

 

合同会社と株式会社にはどういった違いがあるのでしょうか。1つは、利益分配や意思決定権が、株式会社よりも自由度が高いということです。株式会社は、出資額に合わせて利益分配の割合が決まり、出資額によって意思決定権が変わってくるのが一般的です。ですが、合同会社は出資額だけではなく、会社のためになる知恵やスキルなども考慮されます。

 

 

 

なので、出資額が少ない人でも、その会社にとって必要な知恵やスキルを持っていれば、その分利益分配や意思決定の割合なども変えられます。つまり、株式会社はお金が主とされ、合同会社は人が主とされる違いがあります。他にも、会社法の規則もそれほど厳しくなかったり、1人の有限責任者がいれば設立出来ること、設立費用も株式会社に比べて安いといった違いがあります。

 

 

 

また、合同会社の出資者は全員経営者になるため、会社に投資するだけじゃなく経営にも参加したい人には向いている形といえます。そして、株式会社の場合、取締役会や代表取締役などの機関を設置しないといけないという規則があります。それに対し、合同会社はそうした規則がないので、より柔軟性と自由度が高くなります。

 

 

 

株式会社ほどじゃなくても、個人事業より社会的信用の高い合同会社は、設立費用も株式会社より安く設立出来ます。1円から設立出来る株式会社でも、様々な経費を含めると30万円前後かかります。それに対し合同会社は、20万円前後で設立することが出来ます。

 

 

 

また、個人事業と同じく、途中で株式会社へ変更出来る柔軟さもあります。他にも、決算は行うが公告する義務がないこと、設立して最大2年間は、消費税の免税があるといったメリットもあります。

 

 

 

個人と法人の信用の違いは、企業との取引や資金調達といった場面で見受けられます。個人では対応しなくても法人なら対応する企業もあったり、セールスの場面でも企業名を出した方が、信頼性も高いでしょう。ただ、合同会社は設立まで1週間から3週間ほどかかります。それに対し、個人事業は費用もかからず届け出を出してすぐにスタートすることが出来ます。

 

 

 

責任の面でいえば、個人の場合は無限責任となります。なので、負債がどれだけあっても自分で責任を負う必要がありますが、合同会社の場合は有限責任なので、全て自分で責任を負う必要はありません。また、決算日にも違いがあり、個人事業の場合は忙しい年末、12月31日が決算日と決められています。ですが、合同会社の場合は自由に決算日を決められるので、忙しい時じゃくてもいいというメリットもあります。

 

 

 

給与の面では、合同会社は役員報酬として経費に計上出来るのに対し、個人事業はそれが出来ません。保険の面でも、個人事業だと国民健康保険になりますが、合同会社は事業所として加入出来ます。このように、それぞれ特徴やメリットデメリットがありますが、合同会社は柔軟性がありながら信頼性もあるので、自由に経営をしたい人たちに向いています。

 

 

 

株式会社の場合は、出資者と経営者が違う立場なので、それぞれ役割や精神的な負担が違います。ですが、合同会社の場合はみんなが経営する立場です。なので、代表の負担ばかりが増えて、出資者の不安ばかりが増えるといったことはないでしょう。また、合同会社はお金だけではなく人の知恵やスキルも考慮されます。なので、それぞれの人が持っている知恵、スキル、才能などで周りに貢献したいという人にとっては最適な形といえます。

 

 

 

合同会社の他に、合資会社と合名会社がありますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。合資会社は、有限責任社員と無限責任社員によって成り立ちます。合名会社は、会社の債務者に加え、連帯責任を負う無限責任社員によって成り立ちます。無限責任社員とは、会社の債務を会社だけで返済出来ない場合、個人の財産も返済にあてないといけない社員のことをいいます。

 

 

 

ただ、そうしたリスクがある分、より経営に大きく関われるといったこともあります。このように、規則や形態が会社によって様々です。また、合同会社LLCに似た、有限責任事業組合LLPというものがあります。有限責任事業組合の特徴は、出資者は有限責任であること。そして、利益分配や意思決定などが自由であり、設立も比較的簡単なことなど、合同会社に似ているところもあります。

 

 

 

ただ、合同会社は法人格がありますが、有限責任事業組合は法人格がないなどの違いがあります。こうして色々な形態と比べてみると、合同会社は柔軟性と信頼性があり、リスクも少ないといったメリットがあります。

ただ、そうしたリスクがある分、より経営に大きく関われるといったこともあります。このように、規則や形態が会社によって様々です。また、合同会社LLCに似た、有限責任事業組合LLPというものがあります。有限責任事業組合の特徴は、出資者は有限責任であること。そして、利益分配や意思決定などが自由であり、設立も比較的簡単なことなど、合同会社に似ているところもあります。

 

 

 

ただ、合同会社は法人格がありますが、有限責任事業組合は法人格がないなどの違いがあります。こうして色々な形態と比べてみると、合同会社は柔軟性と信頼性があり、リスクも少ないといったメリットがあります。


[ LLP LLC(合同会社) ] | 超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP | お申し込みから完了まで |  解決LLC(合同会社)・LLP FAQ | 
| 合同会社(LLC)/LLPとは? | 合同会社(LLC)/LLPを徹底比較 |  合同会社(LLC)/LLPのメリット |  パススルー課税とは |
| プライバシーポリシー | ご利用環境 | 利用規約 | 特定商取引 | 会社概要 | 
LLC
lllllllllll ©  WOOROM All Rights Reserved 助成金