LLC(合同会社)・LLP
合同会社
LLP LLCお申し込み
LLC(合同会社)・LLPの費用
超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP
LLC(合同会社)・LLPを徹底比較
LLC(合同会社)・LLPのメリット
パススルー課税とは
LLC(合同会社)・LLPのお申し込みから完了まで
解決LLC(合同会社)・LLP FAQ
自分ですぐ出来る、会社設立システム!株式会社設立総額203,560円・合同会社(LLC)設立総額63,560円! 月額2万~のカーリースならリースナブル 金利1.9%!総額最安のカーローンならローンナブル
  <    <  今ドキの高齢者はスマホで天気チェック?〜広がる高齢者のスマートフォン利用〜

今ドキの高齢者はスマホで天気チェック?〜広がる高齢者のスマートフォン利用〜

af9920075036o

若者の間ではほぼ頭打ちとなったスマートフォン普及率。10代女子ではスマホ保有率が100%に達したとする調査もあるなど、学生のほとんどがスマートフォンを日々利用しています。

 

一方、高齢者における保有率も年々上昇しています。株式会社ビデオリサーチの調査によると、シニア層のスマホ保有率は、東京50キロメートル圏内を見ると、「60〜64歳」が3人に2人、「65〜69歳」が2人に1人、「70〜74歳」で3人に1人となっていることが明らかとなりました。

 

また、スマホ所有者の高齢者のうち、7割は天気やメールなどの利用率がパソコンを上回る一方、「旅行・ホテル情報」「価格比較情報」などではパソコン利用率が上回りました。

 

本記事ではビデオリサーチの調査結果をもとに、高齢者による最新のスマートフォン利用状況を詳細に見ていきます。

 

 

1 東京圏ではスマホを使う高齢者が多い?

ビデオリサーチは、東京50キロメートル圏内の12〜74歳の男女を対象に、調査を行いました。
高齢者におけるスマートフォンの保有率では、「60〜64歳の男女」が3人に2人、「65〜69歳」が2人に1人、「70〜74歳」が3人に1人となりました。

 

一方、従来の携帯電話である「ガラケー」は、「60〜64歳の男女」で約40%、「65〜69歳」で約50%、「70〜74歳」で約60%に低下しています。

 

・ 60代以上のスマホ保有率の推移

スマホ

(参照:ビデオリサーチ

 

 

1-1 サッと見るときはスマホ

次に、デバイス別のネット利用状況を見ると、パソコンよりもスマートフォンでチェックすることが多い内容は、「メッセンジャーアプリ」40%、「天気」70%、「芸能情報」29%、「ニュース」64%、「メール」72%、「レストラングルメ情報」36%、「SNSの閲覧、投稿・書き込み」8%、「スポーツ情報」37%、「クーポン情報」14%となります。

 

・ デバイス別 ネット利用状況

  利用率
スマートフォン パソコン
メッセンジャーアプリ 40% 16%
天気 70% 50%
芸能情報 29% 23%
ニュース 64% 59%
メール 72% 68%
レストラングルメ情報 36% 32%
SNSの閲覧 10% 7%
SNSの投稿・書き込み 8% 5
スポーツ情報 37% 35%
クーポン情報 14% 12%

(ビデオリサーチ資料より作成)

 

高齢者の場合、SNSの利用は1割以下と低いですが、「天気」「ニュース」「スポーツ情報」など、すぐに知りたい情報はスマートフォンを使用することが多いことが分かりました。

 

また、ビデオリサーチは、

 

「スコアとしては小さいものの、キャンペーンや懸賞への応募、メールマガジン、ネットバンキング、オンラインゲーム、オンラインアルバム、ショッピングやファッション情報なども、スマホでの利用がじわりと上がって来ています」

 

としました。

 

 

 

1-2 じっくり調べたいときはパソコン

一方、スマートフォンよりもパソコンを使用することが多い内容は、「旅行・ホテル情報」50%、「価格比較情報」29%、「チケット予約」22%、「銀行取引(ネットバンキング)」18%、「雑誌や書籍の購入」16%、「動画投稿・共有サイトの視聴」27%、「医療・健康情報」22%、「家電関連」18%、「その他のネットショッピング」22%、「ネット株式取引」15%と続きました。

 

  利用率
スマートフォン パソコン
旅行・ホテル情報 28% 50%
価格比較情報 12% 29%
チケット予約 8% 22%
銀行取引(ネットバンキング) 5% 18%
雑誌や書籍の購入 5% 16%
動画投稿・共有サイトの視聴 16% 27%
医療・健康情報 12% 22%
家電関連 8% 18%
その他のネットショッピング 12% 22%
ネット株式取引 5% 15%

(ビデオリサーチ資料より作成)

 

スマートフォンよりもパソコンを使う特徴としては、「旅行・ホテル情報」「価格比較情報」などのように、複数のサービス・商品をじっくり比較して調べたいときに多いことが分かりました。

 

 

2 高齢者のネットショッピング、10年間で3倍に

総務省統計局は9月、「敬老の日」にちなんで高齢者の消費行動に関するデータを公表しました。これによると世帯主が65歳以上である2人以上の高齢者世帯について、ネットショッピングを利用した世帯割合は、昨年は14.3%となり、2006年(4.9%)からの10年間で2.9倍となりました。また、2人以上の世帯全体では、昨年は27.8%で、2006年(12.7%)からの10年間で2.2倍となっています

 

 

 

2-1 上がり続ける高齢者のネットショッピング利用

高齢者世帯におけるネットショッピング利用の推移を見ると、2006年以降、ほぼ右肩あがりに上昇しています。

 

・ ネットショッピング利用の推移

利用割合
2006 4.9%
2007 7.0%
2008 6.4%
2009 7.5%
2010 8.3%
2011 8.7%
2012 9.1%
2013 10.9%
2014 12.0%
2015 13.6%
2016 14.3%

(総務省統計局資料より作成)

 

高齢者

 

 

 

2-2 「旅行関係費」23.4%で最多

次に、ネットショッピングの項目別支出割合を見ると、贈答品6.0%、自宅用94.0%となりました。

 

また自宅用の内訳を見ると、「旅行関係費」が23.4%で最も多くなりました。次いで、「食料」16.0%、「家電・家具」9.7%、「教養関係費」8.3%、「衣類・履物」7.7%、「医薬品・健康食品」6.7%、「保険」5.2%、「その他」16.9%となりました。

 

・項目別支出金額構成比

項目 割合
贈答品 6.0%
自宅用 94.0%
  旅行関係費 23.4%
食料 16.0%
家電・家具 9.7%
教養関係費 8.3%
衣類・履物 7.7%
医薬品・健康食品 6.7%
保険 5.2%
その他 16.9%

(総務省統計局資料より作成)

 

 

2-3 医薬品をよく買う高齢者世帯

また、高齢者世帯と現役世帯を、ネットショッピングで購入した項目別の構成比で比較すると、「医薬品・健康食品」が1.68倍と最も高く、次いで「贈答品」1.43倍、「保険」1.24倍、「食料」1.13倍、「旅行関係費」1.09倍、「家電・家具」0.93倍、「教養関係費」0.81倍、「衣類・履物」0.67倍、「その他」0.85倍となりました。

 

・高齢世帯と現役世帯の項目別支出金額構成比比較(倍率)

項目 割合
贈答品 1.43倍
自宅用 0.98倍
  旅行関係費 1.09倍
食料 1.13倍
家電・家具 0.93倍
教養関係費 0.81倍
衣類・履物 0.67倍
医薬品・健康食品 1.68倍
保険 1.24倍
その他 0.85倍

(総務省統計局資料より作成)

 

グラフ

 

 

※ 教養関係費は、書籍、音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト、デジタルコンテンツ(電子書籍、ダウンロード版の音楽・映像、アプリなど)およびチケットの合計値。(参照:総務省)

 

 


[ LLP LLC(合同会社) ] | 超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP | お申し込みから完了まで |  解決LLC(合同会社)・LLP FAQ | 
| 合同会社(LLC)/LLPとは? | 合同会社(LLC)/LLPを徹底比較 |  合同会社(LLC)/LLPのメリット |  パススルー課税とは |
| プライバシーポリシー | ご利用環境 | 利用規約 | 特定商取引 | 会社概要 | 
LLC
lllllllllll ©  WOOROM All Rights Reserved 助成金