LLC(合同会社)・LLP
合同会社
LLC(合同会社)・LLPお申し込み
LLC(合同会社)・LLPの費用
超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP
LLC(合同会社)・LLPを徹底比較
LLC(合同会社)・LLPのメリット
パススルー課税とは
LLC(合同会社)・LLPのお申し込みから完了まで
解決LLC(合同会社)・LLP FAQ
お役立ちコンテンツ

TOP < LLP・LLC(合同会社)のメリット
LLC(合同会社)・LLPのメリット
 LLCメリット
 LLPのメリット
  有限責任
有限責任とは、”自らが出資した範囲内でしか債務を負わないという責任”ですので、負債を抱えて倒産した場合でも、債務を出資者個人の財産から返済する義務はありません。
・これに対し、無限責任とは、”債務を出資者個人の財産から全額返済しなければならない責任”です。
内部自治の徹底
内部自治とは、組織のルールが、法律で定められているのではなく、社員自らが自由に作ることができる事を言います。
株式会社では、出資額に応じて利益配当が決まりますが、LLP・LLCでは、出資額に関係なく会社に貢献できる人材には、配当を多くすることができます。
・また、取締役会・監査役の設置は任意なので、シンプルな会社組織が可能です。
 設立が株式会社に比べて早い
株式会社設立の場合に必要な、「公証人による定款の認証」が不要ですので、LLP・LLCなら設立がスピーディーです。
 設立の費用が株式会社に比べて安い

LLCの設立に最低必要な実費は、登録免許税6万円、と定款に貼る印紙代4万円(電子認証なら0円)の合計10万円のみです。
LLPの場合は、定款もないため、実費は、登録免許税6万円のみとなりかなり安く設立する事が可能です。
・株式会社の場合は、登録免許税15万円、と定款に貼る印紙代4万円(電子認証なら0円、定款の認証5万円の合計24万円ですので、株式会社会社と比較しても負担が少ないのがわかります。

 株式会社などに組織変更することができる
LLC法人格を持ちますので、株式会社へ「組織変更」することが可能です。
・LLPは法人格がないため、株式会社へ「組織変更」することはできません。
 出資者
LLCの場合、全員が業務執行にあたることが原則ですが、定款で業務執行社員を定めることで、出資のみの社員と区別できます。
 LLPパススルー課税
最大のメリット!
こちらでパススルー課税をくわしく解説!
 1人だけでも設立可能
1人または1法人のみで設立することが可能です。
LLPは、2人または2法人以上で必要です。
  存続期間がある
LLPはプロジェクト単位で解散することがで、プロジェクト終了後、組織を解散し、課税を避けることも可能です。
 LLCのデメリット
 LLPのデメリット
  法人課税

LLCはあくまで法人であるため、LLPのようなパススルー課税はなく、株式会社と同じ法人課税となります。

  株式会社ほどの信用がない
・一般に認知されるまで、取引や融資で株式会社ほどの信用がない場合があります。
  株式公開できない
・株式公開を目指す場合はLLPは向いていません。
  会社に変更できない
・LLPは法人格がないため会社に変更できません。
▲トップにもどる   
TOPへ 戻る

[ LLP LLC(合同会社) ] | 超簡単!図解LLC(合同会社)・LLP | お申し込みから完了まで |  解決LLC(合同会社)・LLP FAQ | 
| 合同会社(LLC)/LLPとは? | 合同会社(LLC)/LLPを徹底比較 |  合同会社(LLC)/LLPのメリット |  パススルー課税とは |
| プライバシーポリシー | ご利用環境 | 利用規約 | 特定商取引 | 会社概要 | 
LLC
lllllllllll ©  WOOROM All Rights Reserved 助成金